垂涎

 

唾液で溺れてしまいたい貴方。

 

随分壮大な夢を持ってるのね。

 

唾液には2種類あるらしいの。

 

粘性の高い唾液と低い唾液。

 

溺れやすそうなのはどちらかしら?

 

無限に湧き出す私の唾液、

貴方の口腔に全て滴らせたの。

 

溺れる前に満たされたのは、

貴方の胃袋の方だったわね。

 

そんなことじゃ夢は到底叶わない。

 

だからどれだけ貴方が嫌がっても、

唾液の供給は中断しないことにしたわ。

 

次は覚悟を決めていらっしゃい。

 

 

 

 

 

 

大阪・十三の痴女SM倶楽部イルミナティ

       早破