ピンヒール

 

私の下で恍惚とした表情の貴方。

 

肌に食い込むピンヒールは、

私の体重全てをその一点に集中させるの。

 

凶器のようなスティレットを、

貴方は何処まで受け入れるのかしら?

 

13㌢ピンヒールを履いても、

私の機動力は少しも低下しない。

 

寧ろ13㌢のリーチを得て、

更にその可能性を広げるわ。

 

貴方の体内にピンヒールを侵入させると、

硬くて細い異物が与える鋭い刺激を、

貴方はあっさり快感として受け入れたわ。

 

 

貴方の皮膚に残るピンヒールの跡、

まるで小さな赤いドットみたいね。

 

次はもっとピンドットな模様にする?

 

楽しみだわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪・十三  痴女SMイルミナティ『早破』