タブー

 

もう無理です、これが限界です、

そう宣いながら、いつも易々とその臨界を超えてしまう貴方。

 

貴方の肉体は自分で思っているよりも、

とても頑丈でファジーに出来ているのね。

 

自分自身を見くびっては駄目よ。

 

 

貴方の肉体は可能性の宝庫、

そして貴方の心はその解放を求めてるわ。

 

封印された太古の悪霊のように、

今か今かとその時を待っているの。

 

私はその封印を破る者。

 

あらゆる禁忌を恐れない私には、

貴方を解き放つことに一欠片の迷いも無いの。

 

私はいつも確信犯。

 

退くことも省みることも知らないの。

 

貴方にそんな私を驚かせることが出来る?

 

私もたまには吃驚してみたいの。

 

期待しているわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪十三   痴女SMイルミナティ『早破』