求道者

 

 

貴方の底知れぬ欲望は日増しに歪んで、

苛烈を極めていくの。

 

まるでケダモノ。

 

お互い生まれる時代を間違ったわね。

 

でも当たり前だとつまらない、

そんな天邪鬼な貴方と私。

 

きっとどんな時代に生まれても、

決して満たされることは無いはずよ。

 

満足した途端に襲い来る虚無をはねのけて、

どこまでも貪欲にならざるを得ないの。

 

まるでファウスト博士ね。

 

細胞の一つ一つが悲鳴を上げるその瞬間に、

ようやく肉体に不可欠な要素に気付かされるのよ。

 

当たり前にある空気という存在に、

心から感謝することが出来るのね。

 

貴方の瞼の奥に緋が奔る時、

狭間を彷徨うことで貴方は迷いを捨てる。

 

私は貴方の境界の守護者。

 

いつでもそこに案内してあげる。

 

遠いようで近いその場所へね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪十三痴女SMイルミナティ『早破』