ストッキング

 

▼Mさん

顔に唾液をペッと掛けられて、馬鹿にされているのに

そんなに嬉しそうな声を上げないでよ。

ヘンな風に滾っちゃうじゃない。

 

ベッドに最後まで上がれなかったのは、

何故か当然分かるわよね?

 

 

▼Sさん

ストッキングが好きすぎるからって、

その装いで出迎えられるとは思わなかったわ。

 

乳首のところだけ穴が開けられてて、

とってもエッチな格好。

 

さわさわ、と優しく触ってみる。

すると、もどかしそうに身体をもじもじさせる貴方。

 

「あぁ……もっと強く…っ」

「へえ、こう?」

「ぁあん、もっとぉ!!」

爪を立てて思いっきり引っ張って、

漸く満足げに嬌声を漏らす。この変態。

 

でも、股間の部分に穴が空いていないね。

これじゃあペニスに触れられない。

「……やぶいて、ください。」

はい?

「ストッキングを破いてください…ッ」

レ⚫︎プ願望のある女か何かなの?アンタ。

 

なら、望み通りに犯してあげるわよ。

やめてって言われてもやめてあげないから。

 

ストッキング、どうもありがとう。

 

 

 

大阪十三の痴女SMクラブ

イルミナティ

リカ