▼Tさん

耳元で囁かれて、舌を這わせられて、

終始身体を震わせていたね。

貴方の乳首を貪り舐める私の姿は、その目にはどう映った?

……ああ、それとも、

私の姿を見る余裕なんてなかったのかしら。

 

思い出してみて。

唾液が頬に落ちてきた瞬間…

そしてそれを指で顔中に塗り広げられて、

恍惚な表情で「ありがとうございます…」

そう、アナタが言ったこと。

私はばっちりと覚えているわよ♡

 

次、叶華様との3pが叶いますように。

 

 

▼Yさん

「恥ずかしい姿を見られたい…」

そんな理由で目隠しを断ったんだから、

身体にアナが開くぐらい、見ててあげるわよ

腰に手を這わせただけで、身体をクネらせて感じちゃって…

「ダメよ、逃げちゃ」

そう言って、私は逃げる腰を掴むの。

 

 

▼Nさん

「やっだ〜〜〜!!何この画像!!」

女の子に股間をグリグリと踏まれているイラストを

私に内緒でこっそりと覗き見ていたN

 

「この変態!!へんった〜い!」

「ち、ちがうんですぅ!!」

「何が違うのよ!股間そんなにおっ立てて!」

ズボンの上からでも分かるぐらいのそれ

指摘されたら押し黙っちゃって…

 

「はーん?この女の子と同じことサれたいの?」

グリグリと足でペニスを踏みつけたら

更に硬さが増してきたんだけれど…?

もう言い逃れできないね。

 

「シてください…」

そう言ったアンタの顔、忘れられそうにないかも。

 

 

他のM紳士もどうもありがとう。

 

大阪十三痴女SMクラブ

イルミナティ

リカ