私の気がすむまで

帰らせてもらえない

 

何時まで続くのか

 

私が吐いた唾で顔中が

ビショビショになっても

唾液が顔をつたって床に滴っても

 

そうね、床に滴ったものは

しっかり綺麗にしなさい

 

 

汗だくで私の靴すら舐めるお前

赦してもらうために必死ね

 

そんなに汗かいたら

喉も渇いたでしょ?

ほら、飲みなさい

 

器に貯められた私の聖水を

這いつくばるお前の前に置く

 

犬のように飲み干す姿…

みんなに見せてあげたいくらい

みっともない光景だったわ

 

 

屈辱はまだまだ続く…